みんなに喜ばれる結婚内祝い|通販サイトで賢く購入

マナーをチェック

内祝い

内祝いは日本で古くから行われている慣習の1つで、結婚や出産など人生でも大切なシーンを迎えた人たちの多くが通例的に行なっているものです。最近ではライフスタイルも変化していることから、内祝いの意味合いも変わってきています。最近では、内祝いとしては、お祝いをもらった人たちに、お礼としてお返しをする意味で贈り物を贈っています。内祝いギフトは、さまざまな商品があり、カタログギフトなどが今は定番になっています。カタログギフトであれば、もらった人は好きなものを自由に選ぶことができます。カタログギフトの内容も種類も多種多様で、金額に合わせて贈ることが可能です。内祝いには、さまざまなマナーがあるといいます。地域などでも違いがありますが、一般的には、いただいたお祝いの半額相当のものを贈ることが多いでしょう。また、内祝いを贈る時期も重要になります。お祝いをもらって1ヶ月以内をめどに内祝いを贈るようにしたいものです。さらに内祝いはギフトだけではなく、お礼状なども一緒に添えるとより丁寧な印象を与えることができるでしょう。最近では、出産の内祝いの際に、誕生した赤ちゃんの名前と写真を一緒に同封するケースが増加しています。特に遠方に住んでいる人に内祝いを贈るときには、受け手にとっても、非常に喜ばれているものです。顔と顔を合わせて、直接お祝いや内祝いを贈ることが基本ですが、なかなか難しい状況が多いはずです。そこで内祝いのギフトと一緒に、赤ちゃんの顔や名前を写真やカードでお披露目するのです。